いつだって

このブログは自分の心情を吐露するための場として使っている。

たまーに僕の恋愛事情に共感してくれた方からコメントをいただけるのはうれしい限りだ。

今年もまったく癒えていない失恋の傷を抱えながら、ウジウジとしながらも前に少しずつ進んでいく過程を残せていけたらと思っている。

正直ここまで引きずるとは思っていなかった…。
なんて女々しいのだろうと自分に呆れかえっている。
それでも、寝ても覚めても彼女の顔が浮かび、日に何度も自分の過ちを後悔をする。何気ない日常の風景から、楽しげな彼女の姿をつい昨日のことのように思い出してしまう。

1年半という歳月は短いという人もいるかもしれないが、僕が彼女と過ごした時間は僕にとって本当に掛け替えのないもので、今はそれが重く沈んだ碇のように僕の心の動きを停滞させている。

それでも日常は続くし、仕事のしがらみは増えていく。
その中で僕は新しい恋なんてできるのだろうか。
そもそも恋愛なんてする必要があるのか。

不安は絶えないが、後にこのブログを見返したときに、それが僕自身の奮闘記となっていればそれでいい。

そして、僕の知らない誰かが少しだけ勇気づけられたり、アホだなぁと鼻で笑ったりできるような、そんな話を残していきたい。

あぁ、ほんとにむかつくなあのやろう。