読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉田修一の「怒り」を観てきました

アクセス解析を見ると、「急に普通の映画感想記事とか書きやがって!いいから風俗、合コンの話はよ」的な声も聞えてきそうですが、まぁええやないかい。

 

※原作は未読のため、映画の感想になります。真犯人含めネタバレがありますので、未読未視聴の方はあらかじめ了承ください。また、以下は全て筆者の個人的な意見、感想です。

 

■「怒り」という作品
この作品のテーマは「信じること」です。東京・千葉・沖縄に現れる、殺人事件の犯人によく似た三人の素性不明の男たち。その男たちに翻弄されながら、関わる人々の心と心が深く結ばれたり、実は結ばれていなかったりする、そんなお話です。
煽り文句では「愛する人を信じられるか―」といった言い回しがされておりますが、自分としては、より誤解なく伝わるであろう「信じる」の一言が本作のテーマであると感じます。
三つの舞台で、それぞれの「信頼関係」が描かれていきます。親子の信頼、恋人同士の信頼、そして、友情における信頼(沖縄パートを田中と辰哉の友情、と考えますが、適切ではないかもしれません)。それぞれの信頼関係が築かれ、揺らぎ、そして深まりもすれば、薄れる瞬間もある。一つの殺人事件というサスペンスをベースに三つの物語が絡み合い、重層的な構成をなしながらも、一本のストーリーとして緊張感を保ちながら進行するのが、本作の持ち味です。信頼関係の変化をきっかけに、臨界点を超えて湧き出る登場人物の魂の叫び、涙、そして怒りに心が揺さぶられます。ハンカチ、忘れないでください。坂本隆一の音楽も非常にいい演出で盛り上げてくれます。

 

■あらすじ的な何か
千葉では、親子の信頼が主軸に描かれます。父である洋平が、知恵遅れとも言える娘を、根本的にはどこか信じていなかった自分に気づき、深く悔やみます。ようやく出会えたパートナーである田代を信じきることができなかった娘の愛子は、警察に通報したことを悔やみます。
東京では、同性愛という形で、恋人同士の信頼関係が描かれます(妻夫木聡と綾乃剛の濡れ場はすごかったです…)。ゲイのパートナーとなった直人が、女に会っていたことに対して優馬が不信感を抱きます。直人の失踪と殺人犯の情報に揺さぶられ、優馬は逃げてしまいますが、直人の死と、身の潔白を知り、深い悲しみにただただ取り残されてしまいます。

沖縄では、米兵にレイプされ傷ついた泉を想う辰哉と、バックパッカーの田中が信頼関係を結びますが、それはやがて田中の猟奇性の結露と共に崩れてゆきます。
千葉・東京を舞台としたストーリー進行では、誰かを信じ続けることの難しさと、愛するが故に、自分のわがままを押し付けてしまうジレンマを、これでもかというほど見せつけられ、胸が痛みます。皆さんもそういうことないでしょうか?登場人物に比べれば些細な問題ですが、自分にも思い当たる節があり、共感する部分も多くありました。

特に印象に残ったセリフは「大事なものは減っていくんだってことに、この年になってようやく気づいた」という直人が残した言葉です。28歳という若さにも関わらず、施設で育ち、同性愛者である彼には、「大切なもの」を増やしていくこと自体が、難しかったのでしょう(決して侮蔑の意味ではありません)。自分は今27歳で、まだ大切なもの、有体に言って家族や子供が増えていくのだろうと漠然と考えていただけに、重くのしかかるものがありました。

一方で、沖縄パートはやや異質で、「愛する」という表現がそぐわないのです。泉に対して辰哉は淡い恋心を抱いていますが、愛というには遠く、恋というにも淡すぎる(?)印象です。ここでは、泉というレイプにより深く傷ついた女の子が抱えてしまった心の闇を軸に、田代と辰哉がどうにもならない事実と向き合う決心をする、という形で信頼関係が結ばれてゆきます。(レイプシーンは真に迫るものがあり、正直ちょっと辛かったです。。観る人を選びますね。しかし、最後の叫びといい、広瀬すずは凄い。)
田中の行動に徐々におかしな点が現れ始め、真犯人は明らかになるものの、そこに至るまでの緊張感は凄まじく、三つの舞台をテンポよく行き来することで臨場感が失われることもなく、物語は走り切ります。

 

■どうしてこんなに感情が揺さぶられるのか?

 怒りを鑑賞された方はもれなく、様々な感情の発露を受けて疲れます。たぶんそうだと思います。しかもその疲れはちょっと普通ではない。席を立つのが辛いというか、それこそ怒りの感情が沸きもすれば、安堵したり、悲しくなったりもします。要はめったくそ感情移入してしまうということなんですが、この映画の構成の妙として、「サスペンス映画なのに、犯人と警察ではなく、事件を取り巻く周囲の人を徹底的に描く」という点があります。

吉田修一の天才性は、その「視点」なのかもしれません。鑑賞者の誰もが体験したことのある、もしくは追体験のできる物語性が、この映画にはあります。共感、没入感といった言葉では表現しきれないほどの「距離感の近さ」が、俳優陣の熱のこもった演技を介して、意識すらできないレベルで突きつけられてる、そんな危うさが、観る者の心を揺さぶります。

決して楽しい映画ではありませんが、映画の有用性をストーリーの追体験による感情の豊穣だとするのであれば、これほど優れた映画はないと思えるほどです。

 

■総評
とにかく飽きることなく鑑賞することができましたし、テーマとしての問いかけも幅広いため、多くの方が楽しめると感じました。一方で、非常にセンスティブな題材を扱っている部分もあり、映像の過激さも相まって、観る人を選ぶ映画だとも思います。逆に観たい!という人も多いでしょうが。
あとうはもうほんと役者陣が凄いです(The 小並感)。中でも特筆すべきは犯人の猟奇性を演じきった森山未來と、辰哉を演じた佐久本宝という新人さんです。この豪華なキャスト陣に埋もれることなく確かな存在感を放っていました。オーディションで監督に見い出されたそうですね。。いやぁ、良かった。

 

怒り(上) (中公文庫)

怒り(上) (中公文庫)

 
怒り(下) (中公文庫)

怒り(下) (中公文庫)